熊谷でキッズ脱毛!エステと医療クリニック脱毛どちらが安全?予約取りやすさ、価格、脱毛効果について

熊谷でキッズ脱毛!エステと医療クリニック脱毛どちらが安全?予約取りやすさ、価格、脱毛効果について

 

埼玉県熊谷市には、いくつかの脱毛サロンがあります。熊谷駅を中心に栄えていますが、多くは駅の周辺にお店が点在しています。最近は、大人のサロンだけでなく、子供向けのサロンやクリニックが増えてきています。

 

一昔前までは、子供がお店で脱毛するようなことはありませんでしたが、最近は、小学生や中学生を中心にサロンやクリニックに通う人が増えています。もともとは、大人の肌に比べると子供の肌は皮膚の厚みが薄いため、レーザーなどを受けてしまうと、かなり負担がかかって肌荒れの原因になることが言われていました。ところが、最近は医療の技術が進歩して、レーザーも精密になってきたため、子供の肌も対応できるようになったわけです。

 

それと同時に、子供自身が無駄毛を気にしていることも理由になっているでしょう。特に女の子の場合は、毛深いことでコンプレックスを持ち、性格が暗くなってしまうこともあります。特に小学生や中学生は肌を露出することが多く、そのせいで同じクラスの男子にばかにされるようなこともあるかもしれません。

 

子供かもしれませんが、子供にとっても深刻な悩みと言えるでしょう。つまり、コンプレックスや肌に対する悩みは、大人も子供も変わるものではありません。

 

熊谷駅前には、子供が通うことができるキッズ脱毛が増えてきていますが、エステサロンと医療クリニックの両方が存在します。この二つのうち大きな違いを知っておけば、どちらに通いたくなるかが決まってくるでしょう。

 

まず、エステサロンの特徴は、医者がいないことです。医者がいないため、無駄毛を抜くといっても永久的にムダ毛をなくすわけではありません。通常は、施術をした時に80パーセントの毛がなくなれば、永久的にムダ毛を処理したといえますが、エステサロンは医者がいないため、あまり強い機械を使うことができないわけです。

 

結果的に、ムダ毛をなくすといっても、それほど強い効果があるわけではありません。

 

もし、完全にむだ毛をなくしたいならば、エステサロンよりも医療クリニックの方がメリットが高いです。ただ、子供の肌は弱いため、負担が少なくなるエステサロンを体験するのも悪くはないでしょう。つまり、肌の弱い子供であれば、必然的にエステサロンを選ぶようになるでしょう。そうでなくても、エステサロンのほうが負担が小さいため、万が一のことを考えて選ぶ人も少なくありません。

 

医者はいないため、エステサロンで施術をする場合には、時間がかかります。もし全身だつ毛する場合であれば、10回以上かかることも珍しくありません。エステサロンに通う回数は、15回から20回ぐらいになるのが一般的です。肌の調子を見ながら行いますので、1か月に一度ぐらいの間隔で通うことになるでしょう。そうすると、1年以上かかる計算になります。

 

 

肌のトラブルがあった場合には、エステサロンの中には医者も看護士もいませんので、そのエステサロンと提携しているクリニックに通うなどして肌の様子を見てもらうしかありません。ただ、医者に診てもらわなければならないほど、ひどい状態になることはあまりないでしょう。

 

なぜなら、最初の時にカウンセリングを行いますが、そのとき肌の状態を確認するからです。もし問題があれば、その段階で何かひとこと言われるでしょう。ですが、それにもかかわらず強行しない限りは、トラブルが起きる可能性は少ないです。

 

これに対して、医療クリニックの特徴は、そこに医者が在籍していることです。医者が在籍しているだけで、なぜ感心してしまう人も多いでしょう。何かトラブルが起きた場合でも、専門的に診てくれる人がいれば安心であることは間違いありません。

 

また、医者がいることにより、強いレーザーの機械を使うことができます。これにより、短い時間で脱毛をすることができるようになるでしょう。エステサロンの場合は15回から20回ほど通わなければなりませんでしたが、医療クリニックの場合は5回から10回程度ですべてを終えることができます。結果的に、短い期間で終わらすことができ、満足度も高いでしょう。

 

医療クリニックを選ぶ場合には、料金が高くなります。家がお金持で、親が出してくれるのであれば問題ありませんが、普通の家庭にはやや厳しい料金でもあります。一回当たりの料金はおよそ2万円から5万円ぐらいです。

 

これを十回行うと20万円から50万円ぐらいはかかる計算になるでしょう。子供が自分の体に対してコンプレックスを持っており、いまひとつ自信が持てないのであれば、それぐらいのお金は安いかもしれません。いずれにしても、すぐに出せる料金ではないため、家族としっかり相談しなければならないでしょう。

 

このように、医療クリニックとエステサロンは、医者が在籍するかしないかで様々な点に違いが生じています。それぞれのメリットと問題点を知った上で、どちらが子供によいかを考えて選びましょう。

 

 

 

 

肌保湿のポイントについて

 

保湿を入念に行うことが、肌がよく乾燥する人にとっては大事なことです。保湿さえしっかりとしていれば美しい肌を保つことができると言われるほど、肌にとって大切なのが保湿をすることです。何をすることが、肌の保湿には有益でしょうか。

 

顔をきれいにするためにと顔を洗いすぎると、乾燥の原因になります。外部の刺激から肌を守るための油脂成分も、洗顔で失ってしまうことがあります。クレンジングケアを就寝前にきちんと行えば、朝は洗顔料不要での洗顔で十分です。

 

洗顔が終了したら、放置せずにすぐに化粧水をつけます。顔の水を取りおわったら化粧水を皮膚に浸透させ、保湿を行います。顔を洗い終わってすぐに化粧水をつければ、その次の美容液やクリームもつけやすくなりす。手はできるだけ温かいことが理想的です。

 

冷たい手でケアをすると毛穴が引き締まってしまい化粧水などが浸透しにくくなります。

 

保湿ケアをする歳には、温かい手で行うといいでしょう。毎日ぐっすり眠ることも、肌の保湿ケアをするには大切なことです。上質な睡眠ができていれば、肌の代謝状況はよくなります。

 

早くに寝れなくても、時間を確保することが優先です。保湿効果のある化粧品でのスキンケアも、肌には大事になります。お肌の潤いを高めることができる化粧水や美容液を用いることで、肌の保湿効果をより高めることが可能です。

しわ対策肌の若返り

お肌の若返りには、しわを目立たなくするという方法が有効です。

 

普段からできる、肌の若返り方法はないでしょうか。肌の若返りは、年齢によって肌の状態が変わってくると、特に気になり始めます。皮膚の老化といって真っ先に目につくのがしわです。しわが増えてくると肌の老化を実感し、若返りをしなければと考えるようになります。

 

しわのない肌になることは、効果的な若返り策になることでしょう。しわの少ない肌にするために大事なのは、肌の保湿です。肌の内側に若い頃くらいの水分が蓄えられれば、肌の若返りも可能になります。年齢による影響でもしわはできますが、紫外線によってもしわは増加します。

 

肌を光老化させるという性質が紫外線にはあるため、日焼けと共に光老化に対する備えもしなければ、肌の若返りはできません。普段どんなときでも肌には日焼け止めを塗って紫外線を防止しなければいけません。

 

一度しわができてしまうと、解消することは困難ですが、しわがそれ以上深くならないよう、乾燥や紫外線へのケアをしましょう。

 

真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの肌の再生を促すスキンケア用品を使って肌の若返りをすることも最近できるようになってきたといいます。

 

ビタミンCやイソフラボンなど、美肌効果がある成分を補給することで、肌の新陳代謝を促進し若返り効果を高めるということも可能です。